院長ブログ

ホーム > 院長ブログ > マイクロカレントセラピー

院長ブログ 最新記事

みろく鍼灸治療院

鍼灸治療と波動調整

〒194-0003
東京都町田市小川3-4-14



完全予約制です。

施術中は電話に出らないことがござい
ますので、留守電を残してください。
折り返しの連絡をさせていただきます。

お問合せフォーム

診療時間

【月~金】 9:30~19:00
【土】10:00~18:00
※上記以外の不定休もございます。
※ご希望の方はお問合わせください。

アクセス

QRコード

マイクロカレントセラピー

2016/11/28


今月の上旬に起きた話です。わが家の大黒柱である主人が、左ふくらはぎに肉離れ(筋断裂)を起こしました。

その日は、激しい雨が降る気温の低い朝でした。早朝、客先に出向いていた時、鈍くブチっと音がして痛みを感じたらしいです。帰宅後の主人は、強い痛みのせいで自立した直立歩行は出来ない状態だったため、治療を受けてもらいました。

患部は熱感があったので直接は触らずに、不良姿勢での歩行の影響で筋緊張が出ている他の部位に刺鍼しました。その後、マイクロカレントセラピーで30分ほど横になってもらいました。横になって身体が楽になったこともあると思いますが、治療後は、自発痛①の消失と、運動痛②の減少がみられました。発症から3日間は毎日、その後は週に1~2回程度の治療を施し、約10日程でテーピング無しでも日常生活は問題なく営めるところまで回復しました。2週間強経過した今では、筋力が落ちてしまったのでリハビリはまだ必要ですが、早期の回復に主人も私も喜んでいます。

マイクロカレントセラピーとは、1A(アンペア)の100万分の1という微弱な電流を身体に流して波動調整をおこなう療法です。傷の回復が早いと言われ、スポーツ選手のケガ、オリンピックの裏側で選手のメンテナンスにも使用されています。筋肉だけでなく、自律神経の調整などにも効果があります。鍼灸との組み合わせで相互に相乗効果を発揮するので、当院では色々な場面に使っています。

①自発痛;何もしていなくても生じる痛みのこと。②運動痛;動作中に生じる痛みのこと。

PAGE TOP